-古真朱 -

17864618488957888_edited_edited.jpg

古真朱(:コシンシュ)


「朱」の中でも真朱(しんしゅ)という色は

縄文時代からあり『万葉集』にもその名がみられ

純度が高いことを示す。
色名に「真」の字が付いているのは

「混じりもののない自然のままの朱である」という意味。

そこにあえて朽ちていく表情を加えることで
日本の物を慈しむ素晴らしい心意気を表現しました。