宮下将太 | HINOMIYA
宮下将太 | HINOMIYA

press to zoom
宮下将太 | HINOMIYA
宮下将太 | HINOMIYA

press to zoom
宮下将太 | HINOMIYA
宮下将太 | HINOMIYA

press to zoom
宮下将太 | HINOMIYA
宮下将太 | HINOMIYA

press to zoom
1/4

[ HINOMIYA ]

​宮下将太、東金聖、二人の陶芸家が作る、作家x量産の新しいカタチ。

- 技術 -

成形には量産に使用される「圧力鋳込み」の技法を取り入れています。

巨大な設備が必要で個人で扱えるものではありませんが、量産工場と協力し実現しました。

デザインは東金の作品制作にて培われた3Dデータ技術を使用し切子の様な彫りが入っています。

材料には​日本の誇る最高級磁土を使用し、無垢で焼き丁寧に磨き上げることで

彫りが光に透ける特別なプロダクトが完成しました。

彫りは縁起の良い七宝繋ぎの吉祥文様です。

この柄は永遠に円が重なり続いていく様子から、

子孫繁栄や人とのご縁、人間関係を円満にするとの願いも込められた縁起の良い柄です。

「人とのご縁や繋がりというのは七宝と同じくらい価値のあること」

HINOMIYAギフトを通して様々なご縁が繋がりますように。

                  宮下将太   東金聖

東金 聖 / 現代アーティスト
https://www.instagram.com/hijiritougane

1989年 東京に生まれる。
2008年 サンフランシスコACADEMY OF ART UNIVERSITYの彫刻科へ入学。
アメリカ在住の5年間、現代アートを学び
大型の作品製作に打ち込む。
2015年 東京から美濃焼きの産地である岐阜県
土岐市へ移住し、 陶磁器の基礎を地域の窯元や
陶磁器試験所を通し学んだ後、
独自の技法を編み出すため工房にて研究に励む。
幼少期に海外と日本を行き来する中、

ヴィクトリアン調の家具は自己確立の要素となった。

帰国後に日本を代表する技術である陶芸でその要素と女性の曲線美と繊細美を器に投影した。

作品の形成には欧米の美術大学で学んだ3DCAD原形製作技術を取り込み、
現在国内を拠点に「グローバルに生きている現代作家」

としての立場を意識した陶芸作品を生み出している。